北海道コンサドーレ札幌U-15がJFA 第22回全日本U-15サッカー大会 一次ラウンドで敗退

J-GREEN堺で開催されているJFA 第22回全日本U-15サッカー大会(5/3−5/5)に出場している北海道コンサドーレ札幌U-15であるが、残念ながら一次ラウンドで敗退となった。

同大会は、昨年までJFA プレミアカップと呼ばれていた大会。今年から名称が変更になった。

一次ラウンドは、全12チームがグループA〜Cの三つに分かれ、各グループ1位と、成績の一番良い2位チームの計4チームが決勝トーナメントに進出する。北海道コンサドーレ札幌U-15はアルビレックス新潟U-15、刈谷JY、徳島ヴォルティスジュニアユースと同じグループAに分けられた。

コンサU-15は、5/3のグループリーグ初日の刈谷、徳島との対戦を2連勝で終え、二日目の、こちらも2連勝の新潟戦に決勝トーナメント進出をかけることに。この最終戦を0-2で敗れてしまったコンサU-15は、成績の一番良い2位チームにも滑り込めず、一次ラウンドで敗退となった。

大会は、このあと、5/5に決勝戦が行われる。


SNS上の関連コメント

JFA 第22回全日本U-15サッカー大会 5/3 1次ラウンドハイライト

いきなり冒頭に北海道コンサドーレ札幌U-15が登場。


関連外部サイト

サイト内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です