北海道コンサドーレ札幌U-12がJA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカー全国決勝大会2018でグループリーグ敗退

横浜で開催されているJA全農杯(チビリンピック2018)小学生8人制サッカー全国決勝大会(5/3−5/5)に出場している北海道コンサドーレ札幌U-12であるが、グループリーグ敗退となった。

全国各地区の代表16チームによって戦われた全国大会は、4チームづつ4つのグループリーグに分かれて戦い、各組2位までのチームが決勝トーナメントに進出する。

北海道コンサドーレ札幌U-12は、大山田SSS(東海)、Jフィールド岡山ジュニア(中国)、バディーSC(関東)と同じBグループに入った。グループリーグは、5/3-5/4の二日間に渡って行われたが、札幌U-12はここで3連敗。残念ながら決勝トーナメント進出はならなかった。

大会は、このあと、5/5に決勝戦が行われる。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です