飯野珠央選手が2018JFAエリートプログラムU-13フューチャーキャンプ東(福島)メンバーに選出

日本サッカー協会は、20日、JFAエリートプログラムU-13 フューチャーキャンプ東メンバーを発表した。北海道コンサドーレ札幌U-15から飯野珠央選手が選ばれた。

4/27から4/30にかけて福島でキャンプを行う。

JFAの説明によると、「エリートプログラムフューチャーキャンプ」は、2005年9月1日以降に生まれた選手のみを招集して行うトレーニングキャンプ。従来からあるエリートプログラムでは、参加選手の誕生月がその学年の前期に集中する傾向があるため、後期生まれの選手を対象にしている。今年(2018年)から新設された。6月は東西にわかれて活動を行い、12月には東西合同の活動を予定している。

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です