2018年J1リーグが開幕

24日、北海道コンサドーレ札幌は、2018年J1リーグの開幕戦を迎えた。

今季は同日開幕ではなく、金、土、日の3日間に渡って、開幕戦が行われる。今年はフライデーナイトJリーグと銘打った試合が金曜日にも行われることになっており、前日の2/23にはJリーグ初となる金曜日開幕でシーズンが開幕。

J1、2シーズン目となる北海道コンサドーレ札幌は、エディオンスタジアム広島に乗り込んでサンフレッチェ広島との開幕戦を迎えた。

試合は、前半はボールを支配するもフィニッシュまではいけず、広島にシュート数で圧倒される展開に。そうこうしているうちに前半28分、中央でフリーにしてしまったティーラシン選手にゴールを決められてしまう。

後半に入ると、シュート数でも広島ゴールに押し込む展開になるも、ゴールを奪うまでにはいかず。結局、最後までコンサドーレはゴールを奪うことができず、試合はこのまま終了。開幕戦を0-1で落とした。

大会は、12/1まで行われる。コンサドーレの飛躍のシーズンが始まった。


SNS上の関連コメント

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です