三浦俊也元監督とレコンビン元選手がベトナムでタッグ by フットボールチャンネル

フットボールチャンネルに、コンサドーレ札幌の三浦俊也元監督とレコンビン元選手がベトナムでタッグを結成した記事が掲載されています。宇佐美淳さんの取材記事です。

2013年シーズンにコンサドーレ札幌でプレーしたレコンビン氏は引退後、同国1部ホーチミン・シティ(HCMC)の新会長に就任しました。ここの監督に三浦俊也氏が就任という記事です。

三浦俊也氏は、コンサドーレ監督時代(2007年〜2008年)にはレコンビン選手とは一緒になりませんでしたが、ベトナムの代表チーム監督を2014年5月から2016年1月まで努めており、この時に、レコンビン氏と監督・選手の関係だったことがあります。

なお、三浦俊也氏のホーチミン・シティ監督就任自体は、1月に記者会見で発表されています。記事は、いつもベトナムの話題を提供してくれている宇佐美淳さん。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です