「Jリーグマスコット総選挙2018」でドーレくんが5位

2/10に開催される「FUJI XEROX SUPER CUP 2018」では、埼玉スタジアムに各クラブのマスコットたちが集まり、スタジアムで集合写真を撮影することになっているが、そのポジションを決定するために、センターポジション争奪!「Jリーグマスコット総選挙2018」が行われている。

今年は51体のマスコットが選挙に立候補。投票はすでに締め切られ、下位のマスコットから順次発表されていた。この日、21位から4位まで発表された。中間発表では5位のドーレくんは、そのまま5位でフィニッシュとなった。残念ながら悲願のセンター奪取はかなわなかった。

ベスト3の順位は、2/10のFUJI XEROX SUPER CUPで発表されることになっている。
(2018/2/10追記:1位〜3位を追加しました)

  • 4位 グランパスくん(名古屋)
  • 4位 レノ丸(山口)
  • 4位 東京ドロンパ(東京)
  • 4位 サンチェ(広島)
  • 5位 ドーレくん(札幌)
  • 6位 ユニティ(千葉)
  • 7位 モーヴィ(神戸)
  • 8位 ふろん太(川崎)
  • 9位 ニータン(大分)
  • 10位 マリノスケ(横浜FM)
  • 以下続く

SNS上の関連コメント

関連外部サイト

サイト内関連記事

「「Jリーグマスコット総選挙2018」でドーレくんが5位」への30件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式を計算して空欄に数字(0〜9)を入力して下さい。 *