指導者交流事業 in マレーシアに出発

コンサドーレのアカデミースタッフらが、指導者交流事業 in マレーシアに出発しました。

  • 期間:2018年1月15日~1月22日
  • 受け入れ先クラブ:ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア/ジョホールバル)
  • 参加者:北原次郎、松山育司、鈴木健士、宗像訓子

北海道コンサドーレ札幌は、アジアにおける人材育成、相互理解や交流をすすめていますが、その一環として提携クラブであるジョホール・ダルル・タクジムFCにて指導者交流事業を行うもの。昨年に続いて、2回目。

このプロジェクトは、国際交流基金アジアセンターとJリーグから支援を受け、Sports for Tomorrowの一環として実施されます。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「指導者交流事業 in マレーシアに出発」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です