日本サッカー協会(JFA)のビジュアル・アイデンティティーがリニューアル

日本サッカー協会(JFA)のビジュアル・アイデンティティーがリニューアルしたことが発表された。

目につく大きな変更は、JFAのロゴ。従来のものに比べ丸みを帯びたものに変更になった。それに合わせ、JFAの文字を含む各種ロゴが変更された。

変更はJFAロゴだけではなく、統一感を持たせるために、トータルにリブランディングされているので、いろいろ修正されている。

協会旗、代表のエンブレムなどに含まれるJFAロゴも新ロゴに置き換わったほか、八咫烏のデザインも従来のものから横幅が短いものへと修正されている。代表の左胸のエンブレムも新デザインになっている。

各種大会ロゴは、従来、サッカーボールをイメージした大会ロゴが各大会ごとに用いられていたが、新しいものでは、従来のサッカーボールをイメージした大会ロゴをを四角く囲い、その下の大会名が記述されるものへと変更なっている。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

名称タグ:

「日本サッカー協会(JFA)のビジュアル・アイデンティティーがリニューアル」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です