ベガルタ仙台の石川直樹選手が完全移籍加入

コンサドーレは、30日、ベガルタ仙台の石川直樹選手(DF)が、北海道コンサドーレ札幌に完全移籍で加入することを発表した。

石川直樹選手は、2009年から2010年の1年半の間、、柏レイソルからのレンタル移籍でコンサドーレ札幌でプレーしたことがある。なので、6年ぶりの復帰となる。

2010年シーズンはチームキャプテンも努めた。

石川直樹(いしかわなおき)、生年月日:1985年9月13日、身長/体重:180cm/74kg、出身地:千葉県。経歴:柏レイソルユースー柏レイソル(2005-2009)ーコンサドーレ札幌(2009.9-2010)ーアルビレックス新潟(2011-2012)ーコンサドーレ札幌(2013-2017)ー北海道コンサドーレ札幌(2017.7-)

発表された石川直樹選手のコメント:

「この度、6年半ぶりに札幌に戻れることに感謝したいと思います。これまでに培ってきた経験を結果で示せるように全力で闘います。熱いプレーでみんなを揺らします!応援よろしくお願いします!!」

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「ベガルタ仙台の石川直樹選手が完全移籍加入」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。