Jリーグは2017YBCルヴァンカップ全試合で追加副審を導入することを決定

Jリーグは、2017YBCルヴァンカップに追加副審を導入することを発表した。グループリーグから決勝トーナメントまで、全試合に適用される。

J1、J2、J3の各リーグ戦には、導入されない。

追加副審は、従来の主審1名、副審2名に、2名が追加される形になる。立ち位置は、ゴールライン後方で、主審の仕事を援助することを仕事とするが、主目的は、ボールがゴールに入ったかどうかの判定。一番近い位置で判定することになる。なお、追加副審はフラッグを持たないので、合図などは電子通信システムを使用することになっている。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト