ワンサイドカット

意味

ワンサイドカットは、ディフェンスの基本プレーです。ボールを持っている選手にプレスをかける場合、ただ近くに寄っていくのではなく、片方のサイド(黄色網点の部分)をつぶしながらプレスをかけます。これが、ワンサイドカットです。通常は、ゴールに近いサイドをつぶしますが、どちらをつぶすかは、後ろにいる選手などが指示する事も多いです。ワンサイドカットの結果、ボールは、カットされていないサイド(水色の矢印)へ押しやられることになります。その周囲にいる味方選手も、カットしたサイドとは逆のサイドに、ボールが行くと読んで、プレーを予測し動きます。


五十音順: