スルーパス

意味

スルーパスというのは、相手DFが形成する守備のラインの裏側のスペースへボールを出すことです。裏のスペースというのは、相手DFが形成する守備のラインと、GKの間のスペースのことで、DFから見ると背中側(裏側)にあたるスペースなので、裏のスペースと呼びます。このスルーパスというのは、タイミングさえあえば、ゴールへ繋がるだけに、攻撃する側は試合中に何回もおこないます。前線のFWと、相手DFは、同じ位置から、ゴールへ向かって走り出すことになります。守備というのは、自陣ゴールへ走りながら行うのが一番難しく、ここへのパスは、守備する側から見ると、一番いやなプレーです。逆に、味方に足の速いFWがいる場合は、すごく有効なプレーになります。


五十音順: