ストッパー

意味

ストッパーというのは、DFのうち、ある特定のポジションにいる人あるいは仕事をする人の名称です。

ストッパーは、DFラインの中央に位置し、相手FWにマンツーマンでマークにつくプレーヤーのことです。同じような位置にいる選手をセンターバックと呼ぶことがありますが、厳密には違う物です。ストッパーは相手FWをストップするのが仕事のポジションです。コンサドーレが3バックスシステムを採用している場合、前にいる二人のDFを指します(右図、図ではCB(センターバック)となっている)。四人が横ならびになるフォーメーションを取っているときは、マンツーマンからゾーンディフェンスに変わるので、中央の2人は、ストッパーと呼ばれるより、センターバック(CB)と呼ぶようになります。

ストッパーというのは、相手FWを止める(stop)選手という意味で、仕事内容からきた言葉ですが、センターバックというのは、真ん中にいるバックという意味で、ポジションの位置からきた言葉です。従って、マンツーマンディフェンスが基本の3バックスシステムでは、その仕事内容から、ストッパーと呼ぶことが多く、ゾーンディフェンスを採用する4バックスシステムでは、位置を重視しセンターバックと呼ぶのではないかと思いますが、本当の所は知りません。

現在のように、相手FWが、2人いる場合、それに対応して、ストッパーの選手も2人いますが(右図)、三人のFWがいた頃(ウィング2人と、センターフォワードが一人)には、センターフォワードだけにストッパーがつく事になるので、一人のストッパーしかいませんでした(左図)。


五十音順: