ウイングバック

意味

ウイングバック(WB)というのは、MFのうち、ある特定のポジションにいる人あるいは仕事をする人の名称です。

3-5-2システムを採用する場合、中盤5人のMFのうち、両サイドにいる選手をウイングバックと呼びます。最近では、4-4-2のようなシステムでもサイドバックが、サイドを駆け上がるので、そのようなタイプの選手はウイングバックと呼ばれます。

サイドバックとウイングの両方の仕事を任された選手のことです。言い換えると、攻撃もするサイドバックといったところでしょうか。もとは、攻撃するサイドバックといった感じで誕生したポジションなので、DF出身の多いポジションで、昔は、このウイングバックをDFに含め、5-3-2と呼んでいた時代もありました。その後、サッカーシステムの変遷にともない、FWやMF出身の攻撃的なウイングバックといった選手も誕生します。

そのため、現在では、MFに含められ、いろいろなタイプの選手がいます。守備系の選手によるディフェンシブなウイングバックから、攻撃系の選手によるオフェンシブなウイングバックまで、キャラクターが豊富で、チームによりまたその時々の試合状況により、その動きや仕事内容、選手が大きく替わります。


五十音順: