コンサドーレの練習場

コンサドーレが戦う(フィールド) >> コンサドーレの練習場

最近よく使用する練習場

ユースの練習場

北海道コンサドーレ札幌の練習場について

現在、北海道コンサドーレ札幌のトップチームがおもに使用している練習場は二つ。一つは宮の沢白い恋人サッカー場(宮の沢)で、もう一つは札幌ドームのサブグラウンド(ドサブ)です。どちらのグラウンドを使用するかは、コンサドーレ札幌の公式サイトにトップチームのスケジュールとして掲載されています。

コンサドーレが発足した1996年は、シーズン当初、まだ前身の川崎にある東芝磯子グラウンドを使用していました。札幌では、郊外にある栗山町ふじスポーツ広場を練習場に使用していました。しばらくして、大同ほくさん(エアウォーター)社が敷地をサプライし大同ほくさん(エアウォーター)グラウンドが市内の月寒に整備されてからは、メインの練習場はそちらに移りました。これらの練習場に加え、白旗山サッカー場も練習場として併用されました。

2000年に宮の沢に白い恋人サッカー場が作られてからは、ここがコンサドーレのメインの練習場に。観客席やレストランを併設する立派な練習場ですが、サッカーのグラウンドが一面しかとれないため、芝の養生がひつようになるために、札幌ドームのサブグラウンドなど他の練習場を併用しています。

アカデミーの練習場について

コンサドーレのアカデミーである北海道コンサドーレ札幌はコンサドーレ札幌東雁来サッカー場(東雁来)を、北海道コンサドーレ旭川や東川がコンサフィールド東川(東川)といった専用練習場を持っています。北海道コンサドーレ釧路は、釧路町運動公園など釧路市内のサッカー場を使用しています。

これまでの利用したことのある練習場

コンサドーレ札幌関連スポット
Googleマイプレイス


より大きな地図で コンサドーレ札幌のスポット を表示

※地図には、練習場以外のスポットも収録されています。