金山隼樹選手がファジアーノ岡山へ完全移籍

コンサドーレは、2日、北海道コンサドーレ札幌の金山隼樹選手(GK)がファジアーノ岡山へ完全移籍することを発表した。

金山隼樹(かなやまじゅんき):身長/体重:186cm/80kg、生年月日:1988年6月12日、出身地:島根県。サッカー歴:サンフレッチェ広島ユースー立命館大ーV・ファーレン長崎(2011-2013)ーコンサドーレ札幌/北海道コンサドーレ札幌(2014-2017)。

発表された金山隼樹選手のコメント:

『この度、ファジアーノ岡山に完全移籍する事になりました。北海道でプレーをして、ここまで北海道を好きになるとは、正直想像もしていませんでした。 4年間で自分の目標をいくつも達成する事ができ、最高のチームとサポーターの下でプレーできた事は僕のかけがえのない財産となりました。ここでの経験はこれからのチャレンジの原動力となるはずです!北海道を離れても北海道愛は消えません!これからも金山隼樹の背中を押してください!では新たなチャレンジに挑んできます!4年間、本当にありがとうございました!』

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「金山隼樹選手がファジアーノ岡山へ完全移籍」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式を計算して空欄に数字(0〜9)を入力して下さい。 *