北海道コンサドーレ札幌U-18 2ndが高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プリンスリーグ北海道参入戦で優勝

10/15に、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プリンスリーグ北海道参入戦の決勝戦が行われ、大会に出場している北海道コンサドーレ札幌U-18 2ndが優勝した。

シーズン終了後に行われる高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プリンスリーグ北海道参入戦へは、上位3チームが出場できるが、1位が札幌大谷高校のBチームで、Aチームが来季北海道プリンスリーグ残留が決まっているので対象外。そのため、北海道コンサドーレ札幌U-18 2ndチームは4位チームながら、繰り上がって参入戦に参加することになった。

参入戦には、全道から8チームが参加。トーナメント方式にて戦った結果、この日、優勝を決めた。

ただし、これで、次年度の昇格が決まったわけではない。次年度プリンスリーグ北海道に昇格できるチームや数は、プレミアリーグ参入戦の結果によって変動する。

北海道コンサドーレ札幌U-18 2ndは優勝したので、昇格要件のうち順位の面では全く問題ないのだが、プリンスリーグ北海道にいる北海道コンサドーレ札幌U-18 1stが、来期プレミアリーグに昇格しないと2ndはプリンスリーグ北海道へ昇格できない。これは、同じリーグに同一チームが一緒には所属できないルールによる。

今期プリンスリーグで優勝した北海道コンサドーレ札幌U-18 1stは12月に開催するプレミアリーグ参入戦に出場することが決まっている。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌U-18 2ndが高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プリンスリーグ北海道参入戦で優勝」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式を計算して空欄に数字(0〜9)を入力して下さい。 *