士幌町でMAKE THE FUTURE PROJECTによるチャリティーサッカー教室が実施されました

今年8月の台風で被害を受けた士幌町で、北海道コンサドーレ札幌の選手たちによるMAKE THE FUTURE PROJECTチャリティーサッカー教室が開かれました。士幌町のある十勝地方は、平成28年台風10号の被害で「2016みんなの良い食JA親善大使」が開催中止となっていた地域。

サッカースクールには、河合竜二選手、宮澤裕樹選手、金山隼樹選手、荒野拓馬選手らが指導にあたりました。

「MAKE THE FUTURE PROJECT」は、河合竜二選手を中心とした選手有志らによるプロジェクトで、選手プロデュースのグッズを販売し、売り上げの一部を社会福祉活動に充てるというチャリティー活動。2015年3月8日にプロジェクト第一弾として、コンサドーレ札幌オフィシャルオンラインストアにて、河合選手プロデュースTシャツの受注販売がはじまった。2016年は2年目となる。


SNS上の関連コメント

【MAKE THE FUTURE PROJECT】 士幌町へサッカー教室に行って来ました‼️ 子ども達の笑顔が見れて本当に楽しくサッカーできました✨ この地域は台風被害でゴール以外の物が流されてしまったと聞き、売り上げの一部でボールと義援金を渡す事ができました。 サッカーの力で少しでも笑顔が増やす事ができたら!と思います。 今回急な申し出にもかかわらずいろいろな方々のおかげで開催する事が出来た事に感謝致します。 ありがとうございました。 #MAKETHEFUTUREPROJECT #宮澤裕樹 #金山隼樹 #荒野拓馬 #河合竜二 #増川隆洋 #深井一希 #福森晃斗 #小野伸二

Ryuji Kawaiさん(@ryuji.kawai444)が投稿した写真 –


金山隼樹選手のtwitterでは、士幌に向かう様子がアップ。

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式を計算して空欄に数字(0〜9)を入力して下さい。 *