北海道コンサドーレ旭川U-15が第28回全道ユース(U-15)フットサル大会で優勝、第22回全日本ユース(U-15)フットサル大会へ出場決定

12月3日と4日の二日間、野幌総合運動公園総合体育館にて、第28回全道ユース(U-15)フットサル大会が行われた。この大会は、第22回全日本ユース(U-15)フットサル大会北海道予選大会を兼ねている。

この大会に、道北ブロック代表として北海道コンサドーレ旭川U-15が出場した。札幌U-15と釧路U-15はブロック大会で敗退、この全道大会には出場していない。

旭川U-15は、1次ラウンドで、函館市立亀田中学校、岩見沢市立光陵中学校A、根室市立啓雲中学校サッカー部とおなじCグループに入った。3日に行われたこの1次ラウンドを3連勝の1位で勝ち抜けた旭川U-15は、翌日の決勝トーナメントに進んだ。

翌12/4に行われた決勝トーナメントは、各グループの2位までのチームが進み、全8チームで行われた。旭川U-15は準々決勝で浦幌中学校、準決勝で帯北アンビシャスを下し、決勝戦へと進出。帯北アンビシャス戦は延長戦までもつれ込む接戦となった。

決勝戦の相手はDOHTOジュニアユース。旭川U-15は5-4と1点差の試合を勝ち抜き、みごと初優勝を決めた。

優勝した北海道コンサドーレ旭川U-15を含め上位3チームが、第22回全日本ユース(U-15)フットサル大会にすすむ。全国大会は、2017年1月7日から1月9日に三重県営アリーナで開催される。


関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式を計算して空欄に数字(0〜9)を入力して下さい。 *