2016「J2最優秀ゴール賞」J2リーグ戦第41節のノミネートゴールに内村圭宏選手のゴールがノミネート

Jリーグベストゴールアワード2016のJ2第41節のノミネートゴールに千葉戦の内村圭宏選手のゴールが選ばれた。

勝ち点3差に3チームがひしめく状態で迎えた第41節。首位にいるとはいえ、結果次第で3位もありうる札幌、負けられない試合となった。

大事な試合であったが、先制点は千葉。前半31分にゴール前の跳ね返りを決められた。追いかける札幌は、後半26分、フリーキックから都倉賢選手が同点に追いつくヘッドを決めると、後半ロスタイムに、自陣から相手ゴール前に放りまれた長いロングフィードに内村圭宏選手が反応。ノートラップでダイレクトに右足を振り抜くと、千葉ゴールの左隅に突き刺さった(このゴールがノミネート)。劇的なゴールにゴール裏は大騒ぎ。ベンチからも全選手が飛び出し、内村選手の元に駆け寄る。試合はこのまま終了。大事な大事な勝ち点3を手に入れた。

Jリーグベストゴールアワード2016では、毎節ノミネートゴールを選びその中から投票して年間優秀ゴールを決める。それをJ1の「最優秀ゴール賞」とJ2の「J2最優秀ゴール賞」として表彰する。「J2最優秀ゴール賞」では、まずファン・サポーターによる一般投票のみにより、各節ごとのノミネートゴールならびに月間ベストゴールを決定する。つぎに、この全ての月間ベストゴールを対象に一般投票を行い、最多得票のゴールが「J2最優秀ゴール賞」を受賞する。同賞は、Jリーグアウォーズ式典前に開催している「サポーターステージショー」にて発表・表彰される。

【随時更新:投稿後、動画等が追加されることがあります】


SNS上の関連コメント

関連外部サイト