2016/2017年競技規則の改正について

日本サッカー協会とJリーグは、FIFAによる2016/2017年のサッカー競技規則改正について、その内容と日本国内の試合での適用時期について発表した。

今回の競技規則改正は国際サッカー評議会(IFAB)の2016年4月付回状第5号にもとづくもの。今回は全面的に競技規則が改訂されているので、JFAサイトには、対照表だけでなく、動画での解説なども提供されている。

オフサイドにおいて、負傷者がフィール外にでる時の扱いに関する解釈が微妙に変わっている。また、ペナルティエリア内での得点阻止にまつわるファールをした際に、これまでは一発レッドだったものが、状況によってイエロー(警告)になることがあるルールに変更された。

※動画中にコンサドーレも登場します。

新しい規則の適用時期は、国際的には、6/1以降からだが、北海道コンサドーレ札幌が属す2016Jリーグディビジョン2においては、第21節(7月3日(日))より適用となる。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト