2014年シーズンの新しいコンサドーレ札幌ユニフォームを発表

北海道フットボールクラブは、16日、2014年コンサドーレ札幌の新しいユニフォームを発表した。

プレシーズンに実施されるファン感謝イベントに先んじて公式サイトにて発表された。今年もユニフォームサプライヤーは「Kappa」。デザインはホーム・アウェイともに、2013年モデルから変わっている。

赤黒のストライプは、昨シーズンモデルと同じように細目。一方で、ホームユニは襟付きになり、Kappaのカップルのロゴが両脇から肩口に移動、脇から袖にかけては黒地に「アイヌ文様」をイメージした柄を配置などの変更が施されている。アウェイ用の2ndユニは、白地にグレーの横縞があるデザインに。グレー部分は、ホームユニで使用されている「アイヌ文様」で構成されている。公式サイトの説明では、北海道の歴史を意識したデザインとのこと。

スポンサーロゴなどは、ファン感謝イベント「2014 Consadole Preview Party」にて発表されることになっている。

関連外部サイト

「2014年シーズンの新しいコンサドーレ札幌ユニフォームを発表」への3件のフィードバック

コメントは停止中です。